旬菜レシピ【火曜更新】 旬菜レシピをお届けします!

旬菜レシピ

ピーマンの春巻き

こんにちは! ピーマンたっぷり春巻きのレシピを紹介します。

1. ピーマンはへたと種を取り除き細切りに。人参も細切りにし、もやしは洗ってザルにあげて水切りします。

2. 鶏ガラスープ小さじ1、お湯60cc、醤油大さじ1.5、きび砂糖小さじ1、オイスターソース大さじ1、酒大さじ1を合わせておきます。

3. 片栗粉大さじ1、水大さじ1を混ぜておきます。

4. フライパンにごま油大さじ1を入れ、生姜の千切りを炒め香りがたったら、豚ひき肉170gを入れて、色が変わるまで炒め、人参、ピーマン、もやしの順に加え、全体に油がまわり、しんなりしたら2の合わせ調味料を加え、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

5. バットにうつして、荒熱がとれるまでさまします。

6. 春巻きの皮に10分の1の具をのせ巻いて、巻終わりに片栗粉にお水少々を混ぜたのりをつけて留めます。

7. 180℃位の揚げ油できつね色になるまでカリッとなるまで揚げたら完成です。手間がかかりますが、揚げたてをカリッとサクッと頬ばるのが最高です。
お好みでカラシをつけてどうぞ!

ピーマンには、水溶性、不溶性食物繊維が含まれており、腸内環境を整えたり、βカロテン、カリウム、ビタミンC、E等が含まれていて、栄養豊富なお野菜です。

旬菜レシピ

けんちん汁

こんにちは! 根菜を使って身体も心も温まるけんちん汁を紹介します。

1. ゴボウはささがきにし、一瞬水にくぐらせザルにあげて水切りします。

2. 里芋はタワシで土を落としザルにあげて乾かした後、皮をむき一口大に切り10分程水に入れザルにあげておきます。

3. 干し椎茸は少量の水で戻しておきます。

4. 人参、大根はいちょう切りに、油揚げは湯通ししてカットします。

5. 鍋にごま油を入れ、ゴボウ、人参、大根、干し椎茸を炒め、油がまわったら、水1200cc、干し椎茸の戻し汁、ご家庭でお使いのお出しを適量入れ(今回はだしパックを使用)、沸騰したら里芋、油揚げ、手でちぎりながら豆腐を入れアクをすくいながらお野菜が柔らかくなるまで煮ます。

6. 薄口醤油大さじ2、塩小さじ1を入れて(ご使用のお出しに合わせて容量を変えて下さい。)味を整え、器に入れて白ネギをのせたら出来上がりです。
沢山のお野菜の旨み溢れる1品です。

旬菜レシピ

さつまいもプリン

今日はシルクスイート(さつま芋)で栄養満点の皮ごと使ったさつま芋プリンを紹介します。

1. さつま芋小ぶりの2本(今回は300g弱でした)をキレイに洗って皮ごと輪切りにしアクを抜く。

2. 水を切り、耐熱ボウルに入れふわっとラップをして600wで5分かけて柔らかくし、フードプロセッサーで粉砕する。

3. 玉子2個、豆乳250cc(牛乳でも可)、きび砂糖50gを粉砕したさつま芋に加えて滑らかになるようにフードプロセッサーにかける。

4. キャラメルを型に敷く。(キャラメルは鍋にグラニュー糖50gに水大さじ1を入れて焦がしたものにお湯大さじ1を入れる。)

5. バターを塗った型に生地を流し込み170度のオーブンで40分湯煎焼き(オーブンのトレーに型の下から2センチ程度の深さになるくらいのお湯をはって焼く。)します。
冷まして型とプリンの間に包丁などを挿し入れ、型から外し皿をかぶせて、ひっくり返したら出来上がりです。

今回は冷凍庫にあったマンゴーとバニラのアイスを添えました。

さつま芋の皮には老化防止のアントシアニンやカルシウム、食物繊維がたーっぷり含まれています。
そして中医学的には、豆乳は潤い(乾燥して来た今の季節にぴったり)と血を補い、玉子は肺を養生します。(秋の乾燥は肺を痛めやすくします。)
さつま芋は気を補う(元気の源、身体を動かす基本的なエネルギーの事)ので、
夏の暑さで疲労した身体を癒してあげましょう。

旬菜レシピ

茄子と豚肉のレンジ蒸し

こんにちは! 茄子と豚しゃぶのレンジ蒸しを紹介します。

1. 茄子1本は縦5mm幅ぐらいに薄切りにし、水に浸しアクを抜きます。

2. 皿に茄子、豚しゃぶ肉を交互に並べて(写真はもやしをしいていますが無くても大丈夫です。)日本酒大さじ1まわしかけ、ラップをして600ワットのレンジで4分かけます。取り出す時皿が熱くなってるので気を付けてください。
肉が生っぽかったら更に1分かけて火を通してください。

3. ポン酢とお好みでラー油をたらして白ごまをパラっとふりかけたら出来上がりです。

レンジだけでささっと出来るのでとっても楽チンメニューです。

旬菜レシピ

バターナッツ南瓜の冷たいスープ

こんにちは! バターナッツ南瓜の冷たいスープを紹介します。

1. バターナッツ南瓜は半分に切りピーラーで皮を剥き、わたと種をスプーンでかき出し、1センチ幅くらいに適当に切ります。

2. 玉ねぎ1/4個と長ネギ1/4本(どちらか片方でも大丈夫です。1種類なら量は倍で)もスライスしておきます。

3. バターを鍋に熱し玉ねぎと長ネギを炒めしんなりしたら南瓜も入れて軽く炒めます。

4. 全体に油が回ったらヒタヒタになるくらいの水とコンソメを入れて南瓜が柔らかくなるまで10分くらい煮て冷まします。

5. 冷めたらジューサーかフードプロセッサーでペースト状にしたら冷蔵庫で冷やします。この時点で小分けして冷凍すればいつでも食べられます。

6. 食べる前にペーストを好きな固さになるように牛乳でのばし、あれば生クリームをクルッとかけて出来上がりです。

ネギと南瓜だけで十分美味しいので塩はしませんでしたが、足りなければ好みの味になるように塩を少し加えてください。

温めても食べられるので、その時はペーストにした後鍋に戻して牛乳を加え温めて召し上がって下さい。

旬菜レシピ

茄子のミートソースチーズ焼き

こんにちは! 茄子のミートソースチーズ焼きのレシピを紹介します。

1. 茄子はガクを落として1cm位の輪切りにし水にさらしてアクをぬきます。

2. 水気をよく切り、オリーブオイルを入れたフライパンで焼き目がつくまで両面焼きます。

3. 耐熱容器に、茄子、ミートソース、茄子、ミートソースの順に重ね入れ、さいごにミックスチーズとパルメザンチーズをかけます。

4. 240℃のオーブントースターで焼き色がつくまで10分〜15分程焼いたら出来上がりです。

トロンとした茄子にミートソースとチーズがからんで、とっても美味しいですよ。
市販のミートソースを使えば時間がかからず簡単に作れます。もちろん手作りしても、ミートソースをトマトソースに変えてもOKです。

茄子は水分が多いお野菜ですが、皮に含まれるナスニンというポリフェノールの1種は強い抗酸化力があり、カリウムには身体の熱を逃す働きがあり、夏バテ解消効果があります。
夏の疲れが溜まってきている今、積極的に取り入れたいですね。

旬菜レシピ

バターナッツ南瓜のグラタン

こんにちは! バターナッツ南瓜を使ったグラタンのレシピを紹介します。

1. バターナッツ南瓜は、半分にカットし、スプーンで種をとり、ラップをして、レンジで柔らかくなるまでチンします。

2. 皮の周りを少し残して実をスプーンで取り出します。

3. フライパンに、バター20gを入れ、豚ひき肉100gを入れ炒め、次にスライスした玉ねぎを入れ、透き通ったら、南瓜の実を入れて炒めます。

4. 小麦粉40gを入れ混ぜたら、牛乳300ccを入れて、とろみが出たら火を止め、南瓜の器にうつします。

5. ミックスチーズをのせ、オーブン皿にクッキングシートを敷き、200℃に予熱したオーブンで15分〜20分程焼き色がつくまで焼いたら出来上がりです。

バターナッツ南瓜は、普通の南瓜に比べて、食物繊維、マグネシウム、カリウム、ビタミン等多く含まれているそうですよ。
是非お試しくださいね!

旬菜レシピ

葉生姜の生ハム巻き

こんにちは! 葉生姜の甘酢生ハム巻きを紹介します。

1. 葉生姜は茎を長めに残して切り、根の繋がっている部分を1本ずつ切り分け、アルミホイルを丸めて薄皮をこそげ取ります。

2. 酢50cc、きび砂糖大さじ1、塩小さじ4分の1を混ぜて細長いグラスに入れます。

3. お湯を沸かし、葉生姜を30秒程湯がき、熱いうちに2のグラスに浸し、30分程つけておきます。

4. 1本ずつ生ハムで巻いたら出来上がりです。少し甘味があり、生ハムの塩気とベストマッチです!

葉生姜の辛味成分ジンゲロールは、身体を温め、発汗作用を促したり、香り成分には、食欲増進、疲労回復等に効果があります。
この猛暑を乗り切るために、是非取り入れたいですね。

旬菜レシピ

葉生姜のつくね

こんにちは! 葉生姜をつくねにしたレシピを紹介します。

1. 葉生姜は根本を1本ずつ切り分けて薄皮をこそげます。茎は8センチくらい残してハサミで切ります。

2. 豚挽肉(鶏ひき肉でもOK。疲労回復のビタミンB1は豚の方が多いです。)150gに玉ねぎみじん切り1/6個分、卵1/3個分(大きさによって調整して下さい。)、片栗粉大匙1、酒小さじ2、醤油小さじ1を入れて混ぜます。

3. 種を手に取り広げたら生姜を押し付けクルリとつくねにします。

4. フライパンに油をひいて、中火で上下を焼き、焼き目がついたら酒大匙2をジュワーっと入れたら蓋をして火が通るまで蒸し焼きにし、最後にみりんと醤油大匙1ずつを入れてつくねに絡めたら出来上がりです。
お好みで七味か一味唐辛子を振りかけてお召し上がり下さい。

生姜に含まれるアリシンは豚肉に含まれる疲労回復に有効なビタミンB1の吸収を上げてくれる最強コンビです。甘塩っぱいつくねと思いきや中から爽やかな辛さと香りの生姜とっても合いますよ。
猛暑の中、しっかり食べて夏バテ防止しましょう!

旬菜レシピ

ネバネバぶっかけうどん

こんにちは! 食欲不振になりがちなこの季節にピッタリのネバネバぶっかけうどんをご紹介します。

1. モロヘイヤは葉と茎に分けて良く洗い、塩少々入れた熱湯でまず茎を入れ、40秒くらいたったら葉を加えて20秒程湯がき、冷水にとり水気をきって包丁で良く叩いて粘り気を出します。

2. オクラは塩少々で板摺りし湯がいてスライスします。山芋はすって、納豆は添付のだしを加えてよく混ぜておきます。

3. 冷凍うどんは茹でて冷水でしめます。

4.器にうどんを入れ、具材を盛り、紫蘇、海苔の千切りを加えたら完成です。
麺つゆをかけて、お好みでワサビなどを加えてください。
酢飯に具材をのせてネバネバ丼もおすすめです!

モロヘイヤは、野菜の王様と言われている程、栄養豊富なお野菜です。
ネバネバ成分には、良質な食物繊維が含まれ成腸作用があり、粘膜保護やコレステロール、血糖値を抑える働きもあります。
これを食べてスタミナアップして、暑い夏をのりこえたいですね !